たった一冊の小説が世界を変えるほどの影響力を持つということが現実にあり得る。『百年の孤独』もそのひとつだ。