読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野尻抱介『沈黙のフライバイ』

沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)

沈黙のフライバイ (ハヤカワ文庫JA)

宇宙をめぐる短篇集。

基調はハードSFだが、宇宙に対するひとびとの思い入れとか気持ちが強く表現されていてよかった。

「轍の先にあるもの」が一番好きかな。小惑星の地表の不鮮明な写真に映された地球ではありえない形の轍についてその正体をあれこれと思案する主人公が、将来実際にその小惑星に降り立ちその轍が何だったのかその目で確認をする機会を得る。長年の謎を自分自身で解明できる喜びに打ち震える主人公だったが……という話。知る喜びというか、探究心が人間を動かす原動力になっているシンプルな美しさを感じる。