読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)


いわゆる本格ミステリってこの時代にすでに完成していたんだなと驚く。
クローズド・サークルで登場人物がひとりまたひとりと殺され、そして最後には誰もいなくなった。トリックはちょっとどうなんだと思わなくもないけれど、いま読んでもさほど古さを感じない。
綾辻行人の『十角館の殺人』を先に読んでいたので、元ネタとしていろいろと得心するものもある。