読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイモン・シン エツァート・エルンスト『代替医療のトリック』

代替医療のトリック

代替医療のトリック

自分の中で打率百パーセントを誇るサイモン・シン代替医療の研究者であるエツァート・エルンストと組んで書いた本なんだけどいまいちおもしろくない。医学における科学的な手続きとはどういうことかということを、どんなわからず屋でもわかるよう平易に説明する点は立派だと思うけど、自分にとってはやや退屈だった。二重盲検法は大事だ、効果があるように見えるけどそれはプラセボ効果だ、と繰り返し言われてもそんなことわかってるよと言いたくなってしまう。

しかし、退屈ではあるけれど誠実な本だと思う。代替医療を上段からバッサリと「これはインチキだ!」と一刀両断するのではなく、「基本的に効果は認められないが限定的に効果はある、ただし通常医療以上のものではない」というふうに平等な意見を述べるため、歯切れは悪いが客観的で説得力があるし支持できる。いまいちおもしろくないけど良い本で評価が難しい。

また、代替医療の強固な信奉者がこれを読んで「なるほどたしかにその通りだ」と思うのだろうかという疑問も浮かんでしまう。むしろ「不合理ゆえに我信ず」って言うんじゃないかな。WHOの調査報告に疑問を呈していたりして、一見すると危うい感じも漂う。

本筋ではないが、ナイチンゲールが統計学を駆使して兵舎病院の環境を改善していくエピソードは感動的だった。ナイチンゲールってなんかとにかく偉人らしいという程度の知識しかなかったんだけど、ほんとにすごいひとだったんですね。