読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンドリュー・パーカー『眼の誕生』

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く

眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く

いまから五億四千三百万年前にはじまるカンブリア紀。そのわずか五百万年のあいだに生物は歴史上空前絶後の外形的進化を遂げ、爆発的な多様性を獲得する。いわゆるカンブリア爆発とよばれるその現象は、いったいなぜ起こったのか? 鍵は眼の誕生にあった。

結論自体がさほど突飛ではなくて常識的なので驚きは少ないのだけれど、古生物の化石などの痕跡から古代の生命の進化を探るドキュメントにもなっていてとても刺激的だった。

基礎的な事実をわかりやすくこつこつと積み重ねていく構成となっているため、進化生物学を専門にしているひとには退屈かもしれないけど、僕みたいな門外漢にとってはとてもわかりやすくたのしく読んだ。

カンブリア爆発はさまざまな動物門が誕生した生物学的イベントだと勘違いしていたのだけれどそうではなくて、さまざまな動物門はすでに先カンブリア時代に出揃っていたうえでそれらの外部形態が突如として爆発的に複雑化したのがカンブリア爆発だという指摘は重要だろう。

あとカンブロパキコーペっていう生物を見てびっくりした。ものすごく奇妙なルックスだなあ。

f:id:worldcup1962:20130112180451j:plain