読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保坂和志『小説の自由』

小説の自由 (中公文庫)

小説の自由 (中公文庫)

芥川賞作家である保坂和志の小説論。

おもしろく読んだけど、詳しく論証を行うでもなくなんだか思いつきでいろいろと書いてるようで、あまり真に受けない方がよさそうではある。文学理論の本ではなくてエッセイなのでこれはこれでいい。

小説家は一日にどれくらいのペースで作品を書くかといった作家の実像に触れている部分はとても興味深く読んだ。

これはただの偶然なのでどうでもいいことだけど、僕が直前に読んでいた『フェルマーの最終定理』の内容がこの本で引用されていてちょっとびっくりした。全く関係なさそうな本なのに。