読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御影瑛路『空ろの箱と零のマリア』(5)

空ろの箱と零のマリア〈5〉 (電撃文庫)

空ろの箱と零のマリア〈5〉 (電撃文庫)


二年ぶりの新刊で、どんなストーリーだったかすっかり忘れてしまった……けど読み進めているうちにおぼろげながらも思い出す。
このシリーズの第1巻は、時間SFとミステリの要素を学園ものジュブナイルにうまく取り入れていて、悪趣味な展開もエッセンスとして妙味があったのだけれど、続刊は悪趣味な面が前に出過ぎていて残念に思う……。凡百のライトノベルと比べたら水準は高いし筆力の強さは間違いないんだけど。あと、なんか西尾維新っぽくなってる気がする……。