読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安部公房『箱男』

箱男 (新潮文庫)

箱男 (新潮文庫)

砂の女』はおもしろかったんだけどこれはつまらない。

箱男」という存在はなにそれの暗喩だとかなんとかを象徴してるんだとかそんなことはいくらでも言えるけど、だからなんなのと言う他ない。