読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞城王太郎『魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD』

魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス) 

『魔界探偵 冥王星O』シリーズ八作目。作者は舞城王太郎。このシリーズもついに最終巻だ。長かった…。

この本を読むためにこれまでずっとこのシリーズを読んできたんでかなり期待していたんだけど実際読んでみるとうーんと首を傾げてしまう。

序盤に「見立て」とか「密室」とかいった舞城小説おなじみの単語が出てきて笑ったけど、とにかくバトルシーンっていうかアクションシーンが延々と続くので中盤くらいまででもうぐったりと疲れる。

一応コンセプトがライトノベル?みたいなのでこれでいいのかもしれないけどちょっと軽すぎやしないかと思う。というかオチのトリックがあの作品のアレと同じじゃねえか…。