歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫) 

現代小説を滅多に褒めない呉智英が絶賛していたので読んでみたけれど正直言ってくだらない…。ああ、新本格ミステリだなあという感じ。綾辻行人とか好きなひとにはいいのかもしれない。 物語がトリックのために存在するたぐいの小説は別にいま読む必要はないなと思う。